CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 凶悪な奴は味方の立場になれば神 | main | 南雲吉則がちっとも若く見えない件について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オンラインRPGは大人になってから
 ドラクエ10をやってます。
ここまでゲーム好きなくせに実はオンラインRPGは初めてです。
いままで手をださなかった理由は廃人になるのが怖かったから。
ひがな一日ネオジオしかやってない元格ゲー廃人(高校時代)が
全く本質的に変わらないのになにを恐れてるのかは別として、
自分を客観的に見れるあなたとは違う俺(ネタ古い)は、
自分が廃人になることなど容易に想像できすぎたわけです。

だが!
自分の力で生きてない学生時代なら間違いなく廃人コースだったろうが、
今の生存本能バリバリな俺なら自分を制することができる!!!

・・・気がする!!!

というか面白そうで我慢できなくなりので購入!!(※既に自分に負けてる)

で、感想

一日目
オンラインに入った瞬間、どこもかしこも人、人、人・・・
始まりの村に降り立った瞬間ハチ公前みたいな人だかり
うん、キモイ。正直この瞬間失敗したような気になった
あとストーリー進めようとするとき雰囲気異様過ぎると思った。
幼馴染に会いにいったら幼馴染が20人くらいの人に囲まれてるし、
村長に呼ばれて行ったら村長が埋まって見えないくらい人が集まってるし、
そいつら人に押しつぶされそうな勢いなのに超平然としたカンジで話すし、
なんかずっと「僧侶の人いませんか!!」とか画面右上に出つづけるし、
今まで知ってたRPGと違いすぎてなにがなんやら。
で、ひととおり操作を試して序盤ストーリ見ていざフィールドへ!
そのためには仲間を誘うべし!
が、仲間に誘う時にどういう風に声かけるかよくわからない。
いきなり誘うのは失礼とかレベルがちょっと高いと俺などお荷物だろとか
考えた挙句ずっと棒立ち。
リアルで人見知りだとゲームでもこのザマと思い知る俺。
結果、せっかくオンラインなのに一人でずっとスライムと闘い続けるという、
もう10作目なのにドラクエ1まで退行したような行為をくりかえしてた。

二日目
これやるために一万円近く払ってんだ後に引けるかチクショー
という切実な想いのもとログイン。
不思議なことに同じ村の風景が違って見える。
脳がこのゲームの独特な常識になれたのか、
人があふれてる事やイベントキャラの周りの人の山に違和感を感じなくなる。
が、人を誘うやり方はいまだよくわからない。
でもそろそろスライムは一撃で倒せるようになったので遠出を決意。
一人旅を試みる俺をあざ笑うかのように撲殺されること数回。
やっぱダメだ、今までのドラクエだって一人で進めるとか無茶だった。
今回だってそりゃそうだ、でももうね、既に人怖くなってた
なんだよあの半漁人ども(自分もです)。
ツカツカ近寄って俺のステ見て無言で去っていく奴ばっかでこええよ。
めっちゃいらない子じゃん俺。
ましてこんな冷徹魚人(自分も)に話かけるとか怖いなにそれ。
でも一万円損したくないので、街の入り口で「パーティ組みませんか」
を連呼する。
・・・ああ、ダメか、もうやめようかなあ、と思ったそのとき
「いいですよ>俺(のHN)」

・・・べ、別に喜んでなんかないんだからね!!

リアルで知らない人に話しかける数倍緊張しつつ仲間になってもらう。
俺レベル5、その人11とかの盗賊。
たった一人だが初の仲間。
今まで俺をイジメてくれた敵をあっさり瞬殺しつづける。
自然と同行してる俺も強くなり、やがて太刀打ちできる強さに。
で、ボスに挑みにいくことに。
二人とも惨殺される。
村に戻されると戦士が話かけてきた。「応援よびます。」
しばらくすろと突然ルーラで現れ仲間になるレベル20代の僧侶と戦士。
再びボスに挑むと、戦士と僧侶が敵をジリジリ押しながらボコボコに。
近寄っても殺されるので後ろでたまに薬草を投げる脇役全開の俺
まもなく応援に来た戦士と僧侶になすすべもなく倒されるボス。
やべえ、超かっこいい
ようやくここにきて面白いと思うようになったところで遅いので終了。

三日目〜四日目
昨日の経験からようやく人を誘えるようになり、
村の入り口で人を集めてはレベルを稼いだりアイテム取りにいったり、
阿鼻叫喚しながら新天地へ駆け抜けたり。
もうここまで来ると面白すぎてヤバイ。
時間を忘れてメキメキ強くなる俺。
アイテム作りとオークション出品の金儲けも覚え、楽しすぎて止め時がない。
同時に「一日の中でやることを終えるまでドラクエやんない
という自分ルールを作る。
だってそうしないとヤバイから。

五日目
この日の夜、リアル友達が参戦。ルーラの便利仕様を知らず
徒歩で別大陸の村までいき合流してボス戦を手伝う。
今回は自分がボスを倒したときとは逆だ。
今の俺はボス戦で後ろから薬草投げてただけの俺ではない。
かかってきな・・・ボコボコにしてやんよ!
(昔のマガジン系ヤンキーのアップみたいな顔で)
とまあ、超童心にかえってたわけです。

で、結論。
オンゲーは大人になってから!!
いやマジで。自活してない時間たっぷり人間がこれやったら終わる。
| Kaworuの奇妙な日常 | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shiroutoagari.jugem.jp/trackback/413
トラックバック