CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 会社をサボって行く買い物はなんて面白いんだろう!! | main | 俺が悪い事やって捕まったら「自称投資家の無職(33)」って言われるんだな、怖っ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
縦に異常に長い広告サイトは全部インチキ系
4月2日に出した退職願の会社側の受理をいまだに確認できてません。
どうせ回覧する役員が出張してるとかで誰かの机で止まってるとかそんなんと予想。
あと予想といっても140パーセント当たってると思う。
※誰かが止めてる可能性が100パーセント、
そのあとまた次以降の回覧先で止まる可能性が40パーセントという意味。

てことで久々の更新で冒頭から超展開です。
北京のコンサル会社やめるとき以来の心境で日記を書いてるので
このブログを書き続けてきたことにいろいろなことを思ってみたり。
あの時は数ヶ月普通に勤めてあの時はある日突然会社に行かないという、
10代DQNがバイトやめるみたいなやめ方だったので、
2ヶ月前から正式なやり方でやっている今の自分が大人になった気がする。
※子供でも突然行かなくなるのはよくないです。

こんにちわいつも見てくれる人。
あなたたちがいるからこそ当たり前のように更新サボりつつも、
もう5年以上余裕でこのブログ続いてます。ありがとう。
炎上とかしたでもないのにいきなりフィーリングで過去記事全削除したりもしましたが
まあそれもただのネタです。

こんばんわ今回たまたまここによってくれた人。
もし君がここを見ている時間が真夜中ならこんなとこ見てないで寝たほうが建設的
と言っておこう。
そもそも夜中にネットやって有意義なシチュエーションなんかまずないけどね。


で、そういうことでこのブログをはじめたころからここでもリアルでも言ってた「専業投資家」になるという目標、とりあえず実現します。
ここまでは誰でもできること、ここから食っていけるかがキモなので6年かけてようやく試合会場についたというところでしょうか。

よく言われることですが投資家は1割しか勝てない世界と言われています。
が、そんなことは100も承知。
むしろやりたいように生きようとするワガママ人間が生存競争する世界で、
倍率10倍以下のものなんかどこの世界にあるのか。

むしろトレードの世界も1割なんて大量の人間が生き残るわけないです。
だから特別無謀なことでもなけりゃ楽なことだとも思いません。
もし俺がその他大勢の9割として若くして散って死んでいくとしても
納得いくまで準備してから人生の全ての経験と全能力を駆使して挑むのなら、
60歳過ぎまでやりたくないことに起きてる時間の大半をなんとなく費やす長い人生より楽しかったと思えるはずです。
もちろん生き残ったほうが楽しいし、散る気なんてサラサラないですが。
それが約7年相場を見続けて、サラリーマンやりながらトレードをやり続けてきた今の心境というか感想です。
で、ここ数年の運用成績、軍資金の確保、家庭の事情、俺のメンタル面の強化もろもろも含め、俺が当初から描いていた「専業へ転向するために必要な下準備はできた」と判断したのが1年近く前、でもいろいろもらえるものをもらって辞めたいという事情で今年4月に辞表出したわけです。

実はブログ開設当初、ここはトレード日記を書いてました。
mixiとかともつなげてませんでした。
が、それだと取引を晒したり相場地合の考察とか以外することもないので、
もっと面白おかしくバカなことをつづりたいと思うようになり、
なにより自分のトレードを晒すとかよく考えたら意味ねー。と思い、
普通のバカなブログにしたわけです。
で、その頃から「35歳の誕生日までに専業になる」といってましたが、
カヲルさん自分で思ったよりがんばったので2年早く「今です!」と思える時が来たということです。つーか今日33歳の誕生日です。
でも心はやっぱり14歳とか。だからとにかく祝え
ハイ、本編は「祝え。」でほかはすべて前フリです。
| Kaworuの奇妙な日常 | 11:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - |
コメント
おめでとうございます!
また飲みに行きましょうy
| よしえ | 2012/04/14 7:20 PM |
ありがとう!飲もう!記憶とか飛ばない程度に・・・
| kaworu | 2012/04/15 12:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shiroutoagari.jugem.jp/trackback/402
トラックバック